2018年10月10日

久しぶりの3Dモデル

今週はSki&Fitはお休み。
で、この動画に刺激されて、久しぶりの3Dモデル作成



3Dモデル(最新版に入れ替え)


追記
三年前のこっちのモデルの方が雰囲気は近いかな?
ターンリズムは違うけど、フリースキーだと楽に滑っているのかも



posted by nishida_ski at 23:38| 茨城 ☁| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

Ski&Fit4回目

このオフシーズン4回目、二週連続のSki&Fit
posted by nishida_ski at 10:01| 茨城 ☔| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

今シーズン3回目

今シーズン3回目の、そして、初の平日夕方のSki & Fit。

相変わらず、同じような失敗してる…
posted by nishida_ski at 00:12| 茨城 ☁| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

予習

来週木曜日、平日夜のSki&Fitを計画中。
ということで、SkyTech Sports(スキーシミュレータ)の予習(イメージトレーニング)
posted by nishida_ski at 01:08| 茨城 ☔| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

SKI&FIT

8月8日、再びSki & Fitへ。
外足荷重も傾きも足りないなぁ…
posted by nishida_ski at 01:18| 茨城 ☀| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

Ski & Fit

一年?ぶりのSki&Fit。
シーズンアウトして3か月経ってないのに、すっかりスキーを忘れてるような…

posted by nishida_ski at 00:12| 茨城 ☔| Comment(0) | スキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

新旧比較

youtubeに残している一番古い動画と最近の動画を比較。

2009年4月5日 ハンターマウンテン塩原
vlcsnap-00004.jpg


2018年3月13日 ブランシュたかやま
AM12Seq140.jpg






まあ、いくらかマシになってきてるかな?
posted by nishida_ski at 07:39| 茨城 ☀| Comment(0) | スキー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

相変わらず、14日ブランシュの連続写真

14日、午前、ラス一。ちょいと深回りにトライ

Mar14AM12L555Al.jpg


 
posted by nishida_ski at 15:51| 茨城 ☁| Comment(0) | スキー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

14日パノラマの連続写真

AM6Seq50260B.jpg


左股関節が硬い分、倒し過ぎて落とされてる。
posted by nishida_ski at 11:13| 茨城 ☁| Comment(0) | スキーの理屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

身体の使い方考

最近考えてる身体の使い方について

脚(膝関節と足首)
kyaku.jpg

1. 谷回り入口では、外脚への荷重を開始するため、外脚を十分に伸びた状態にする。
2. 赤矢印のターン区間では、外脚を突っ張る(伸ばす)ようにしてターン力(遠心力)に耐えるため、膝、足首を伸ばす方向に筋力を使う。
3. 青矢印の切り換え区間では、脚の筋力を緩めることにより、足首、膝が曲がり、脛が若干前に出ることになる(足首を曲げる)

体軸、股関節、外向傾
gaikoukokansetu.jpg

1. ニュートラル(二コマ目)では、体軸は雪面に対して垂直(鉛直ではない)
2. 切り換えから谷回りでは、次の外脚(内エッジ)に乗りながら、体軸を谷側に倒していく
3. フォールラインを向いた辺りからターンマキシマムにかけて、股関節から上体を起こし外向傾を作る
4. 股関節をビキニラインに沿って曲げるようにすることで、外傾と外向の両方が実現できる(捻る意識は特に必要ない)
5. 上体を起こす(外向傾を作る)ことで、遠心力によって体軸が起こされるようになる。
6. 体軸が起き始めたら、外脚の荷重を緩めて切り換えに向かう
posted by nishida_ski at 17:29| 茨城 ☔| Comment(0) | スキーの理屈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする